ひだまりパン

パン教室の体験レッスンで、パンが膨らむ様子を見て、
「生きてるんだ!」 
と感動したのがひだまりパンのスタートでした。
自分で作った焼きたてのパンを食べるのを楽しみに
月1回パン教室に通っていました。

8年が過ぎ、「天然酵母」と出会って、
「パンは急ぐものではない、待つものだ」と
ようやく気づき、目からウロコ☆
体調を崩していたけれど、
あわてることないんだ・・・自分のペースでいいんだ・・・
そう思うと肩の力が抜けました。
そして、私のパン作りが本格的にスタートしたのです。

パンを作るのが大好き。

仕事、家のこと、音楽と慌しい日々を送っていますが、
「えいっ」ってふんばってパンを焼くと、
しんどいどころか、どんどん楽しくなって
疲れなんてふっとんでしまいます。
焼きあがったパンを眺めると、嬉しくて、愛しくて・・・
いつしか顔もほころんでいます。   
Img_897755e94a1d8788088c16b1c587c76a
〜Keep Smile〜
 
ひなたぼっこをしているときのような、
ほっこりした気持ちになれるパンを焼きたい
という思いを込めました。

生地がいい状態で発酵するよう
「よろしくね」 と声をかけてひたすら待ちます。
生地ができあがったら「ありがとう」と感謝します。

パンに込めた気持ちが、おなかの中でさらに膨らんで、
心もおなかも満たすことができる
・・・そんなパンをお届けしたいと思っています。

たくさんは作れませんが、そのぶんひとつひとつ丁寧に
作るようこころがけています。
Img_aa16ff38e2d4bba51372b847f0fe777b
〜Be Natural〜

パンはファストフードではないと考えています。
パンだけの食事ではなく、何か一つでも他の料理や食べ物と一緒に食事の時間を楽しむ。
そのひと手間を大切にしたいのです。

サラダでも、スープでも、果物やヨーグルト、忙しい時は市販のお惣菜でもいいのです。
コーヒーを立ててみる、紅茶をリーフで入れてみる、ワインの栓を抜く・・・
お食事の時間のかたわらに "ひだまり"パン を置いていただけたら嬉しいです。

国産小麦をはじめ、なるべく体にやさしい材料を使うようにしています。
けれども、あまりストイックにならず、パンを作ることを楽しんでいます。
それがパンのお味を決めると思うから。

お食事に合うようにシンプルなパンを作っています。
ムショーに甘いものが欲しくなるときもあるから、
時にはおやつパンも作っています。

農家さんが愛情を注いで育てた小麦や野菜、果物を
パンやお料理という形にして、皆さまにお届けする
「いのち」のつなぎめ、リレーのバトンになれたらと思うのです。

あわてず、あせらず、自然体で・・・
ひだまりパンは、マイペースなパンです。
そんなパンをひとりでも多くの方に、味わっていただけたらと思います。
  pao : ポルトガル語でパンのこと。
      aの上にチルダ(にょろっとした記号)がつき、「パォン」と発音します。

tsutsu : 私のこと。友達からは「つつ」とか「つっつん」と呼ばれています。
      生粋のなにわっ子。O型、おひつじ座。
     
     製菓衛生師、パンコーディネーター、ジュニア野菜ソムリエ、日本茶アドバイザー
     食生活指導士2級、家庭料理技能検定3級、雑穀エキスパート
     ホームメイド協会<パンコース>師範科卒業
     正食クッキングスクール指導員(マクロビオティック)
     ホームヘルパー2級
     
     日本パンコーディネーター協会主催第1回レシピコンテスト佳作入選