今日は久々の快晴\(^o^)/
朝9時ですでに日差しはジリジリ。

マクロビ友だち2人が参加してくれ4人で作業。
手より口が動いてなかなか進みません...

肥が切れてきたので、実がつくように追肥。
この1週間でまたまたたくさん育っています。
里芋も先週より倍の丈に。葉脈が美しい。

そしてこの3ヶ月放置していた畝の一角に、
大納言小豆と丹波黒豆の種を播きました。
あんこ炊けるぐらい育つかなぁ。
お正月に黒豆炊けるかなぁ。。

4人だと水やりも巡回戦術。早い。
今日のトマト1個。
作業の後に4人で一口ずつかぶって水分補給。うんまっ♪

お野菜はお礼にたくさんお持ち帰りいただきました。
ありがと♪

そして今日は朝から食べきれずに冷蔵庫で痛みかけたお野菜を
みんな放り込んでラタトュイユ。

一応陰陽の順番意識して重ね煮。
お鍋にぎっしりやった野菜の水分がなくなって、
かさが半分に減るまで4時間。暑い。。

コトコトしている間に部屋の片づけ。
ん~余計散らかってる(・・;) 

BGMは、昨夜行ったライブで買ったCD。
あかん聞きこんでしまって、手が止まる。

今日はもういっか。
出来上がったラタトゥイユでブルスケッタ作って、
キンキンに冷えたビールでもぐいっと…

バゲットもビールもなかった…(気分だけ♪)
Img_6f4010591d647420ef9bdf061fba7612
beautiful...
Img_06ce7441df2ca2935b48edb02298b07b
本日の収穫
Img_67f4f2951c82f82b48fc2b4774f36283
ゴーヤとれすぎ~
今日も朝からハタケへ。お料理ともだちと一緒に。

金曜の夜からの雨で水分十分。
ナスについたダマシテントウの幼虫つぶし(><;)と収穫。

先週播いた黒大豆と大納言小豆がちょこちょこ発芽♪
空芯菜もそろそろ摘めそう。
もうダメかと思っていたきゅうりも、
頑張って立派な実をつけていました。
今年はピーマンが豊作。

明日は収穫したお野菜を使って、二人でお料理セッションです。
その時、そこにあるもので思いつきでお料理します。
わぁ何つくろ。楽しみ♪

写真は私が持ち帰った分。
こちらはあさってのkitchHikeのお客様の食卓に登場する予定♪
Img_fb9a4f7dd685e1c405ad2800fb788441
農作業はたのし♪
Img_e4c99303c842f6b4f761a0c2d535c465
本日の収穫
お昼は、杉・五兵衛さんの「農園のお弁当」♪
今日はハタケ作業よりもこちらがメイン?

ゴーヤのおやきと木皿のお料理をいただいたあとに、
お煮しめビュッフェ。自分が食べられる分だけね。

へちまのたいたん。初へちま。ぷるんとした食感はまりそう。
花オクラ。こちらも初。
見た目ふんわりだけど、シャキシャキしてて、
実と同様ねばりがある。
冷たい汁椀がほてった体にスーッと入っていきます。

杉・五兵衛さんでは、有機循環農法をされているので、
残渣はロバのえさとなります。
そして堆肥を作り野菜を育て、再び食卓へ。

が、きれいに平らげたので、何も残りませんでした。
ロバさんごめんなさい。
体を動かすとごはんがおいしいのである(^^)
Img_5a682fe6440670bd152cfea1f69f099f
ゴーヤのおやき
Img_4cc05b02ecc2d2cafa1e1960937d4139
木皿プレートランチ
Img_e237683d990dd2ec7b07969158b0e9ab
花オクラ
<おまけ>
わが家のごま。
自給率アップ大作戦。
種をまいてから35日。ぐんぐん育っています。
朝、陽当たりがよくないので何を植えてもひょろ~り徒長ぎみ。
間引く間ないまま今日まで。

このままいくか...土を足してあげよう。
Img_e107b3e735cfbc6054583c9993875b77
Cooking Inprovisation♪
昨日収穫したお野菜を使ったお料理セッション。
ひなぎく荘にて。

近所のスーパーに立ち寄ってぐるぐる周りながら
組み立てた献立を二人で分担しながら仕上げていきます。
話しながら、味をみながらあぁしよ、こぅしよ言いながら、
二人のリズムやテンポがからみあって食卓に並んでいきます。

お料理はライヴ。このインプロヴィゼーションが楽しい♪
今は二人のわくわく。
いつか食べた人みんなのわくわくになるといいな(^^)

<本日のメニュー>
♪とうもろこしごはん
♪ズッキーニとわかめのおすまし
♪青椒肉絲の焼き春巻
♪湯葉豆腐、だしとともに

おすましは、昨日杉・五兵衛さんでいただいたものを再現。
だしには友だちが作ってくれていたゴーヤの塩麹漬けも刻んで。
ライスペーパーはうまく巻けたためしがないので、
友だちに任せて私は休憩(^^;) 
Img_0332c6c335c05d5dece80ef0bbfce346
Summer Table
Img_54b75c7f321359a2cfcb493d35a2ab70
お任せ~♪
Img_32713ceeb70f770c783aa61776bb7dcf
無心で刻む
もちろんデザートも忘れずに♪
一番最初に仕込んで、おしゃべりに花が満開で
食べるの忘れるところでしたぁ。。

 ♪すもも100%のスムージー
   杉五兵衛さんの完熟すももを皮ごとVitamixに。
   深紅の美しさにしばしうっとり。
 ♪あずき寒天
   味をつけず固めただけの寒天に市販のゆであずきを
   のせただけ。この甘さにはネルドリップのブラック
   コーヒーがベストマッチ♪

夏らしい食卓になりました。
素材のおいしさを活かしてシンプルに。
ビタミンカラーで酷暑を乗り切ろ~

育てて、収穫して、お料理して、いただく。
自然の恵みに感謝。
楽しい時間に感謝。
分かち合える友人に感謝。
Img_8c86a85920ec5e25c34d339f3f07da4f
すもも100%スムージー
Img_8e8dc138c03ce026fd94c17d33d8049d
あずき寒天
KitchHike Vol.11
キッチハイク11番目のお客様は、フランス人の女性。
なんとリピーター♪
去年の8月に訪ねてくれた時に、来年も予約すると言ってくれたの。
今年は友人宅にステイして関西だけをあちこちまわるとのこと。

ホテルでコンシェルジュをしている彼女が言うには、
パリではベジタリアンレストランが3件しかないそう。
みんな「肉」を食べるって。
ドイツやオランダの方がずっと進んでいるそう。
ビオの食材はマルシェに行かないと…と言ってました。

ヨーロッパは物価が高すぎると嘆いてもいました。
パリではマクドが1000円らしい。。
パリよりもイギリスや北欧はもっと高いそう。
だから、天神橋筋商店街の安さにびっくりしてはりました。
さらにそこからまけてもらえるって(^^)

大阪人はまけてもろてナンボやからねぇ。

今日は蒸し暑かったので、
シンプルに少し体をクールダウンするような献立を考えてみました。
日曜日にハタケで収穫したお野菜を使って。

---Today's menu---
*Brown Rice with gomaa-shio(玄米ごはんとごま塩)
*Today's miso soup---aosa, tomato and okura
(あおさとトマトとオクラのお味噌汁)
*Itoko-ni --- pumpkin and redbeans are cousin?(かぼちゃと小豆のいとこ煮)
*Hiya-yakko and Yaki-nasu --- cold tofu and grilled egg plant with ginger soysauce
(冷ややっこと焼きなす 生姜醤油で)
*Kimpira --- green pepper and carrot(ピーマンとにんじんのきんぴら)
*Ingen Goma-ae --- young kidney and black sesames(三度豆のごま和え)
*Nagaimo Ume-ae --- raw yam and umeboshi (長いもの梅和え)

add : Kanten with ginger-rice syrup, Organic Plum (寒天の生姜シロップ、すもも)

時間があったので、久しぶりに土鍋で玄米を炊いてみた。
圧力なべと違ってやさしいね。
四万十のあおさがあったので、トマトと一緒にお味噌汁に。
かぼちゃと小豆は「cousin」と言ったら、そお?と(^^;)

自家製梅酒とともに。

フランスのお話を色々聞いてたら、行きたくなってきたぁ。
Img_2842ecd65e48cc433b9973b88cdee687
夜行バスに揺られて東京へ。
パンコーディネーターの勉強会。

バスが予定より1時間早く着いたため、
ルヴァンにパンを買いに行く。
スマホを持たないので、家のPCで見てきた地図を
頭にインプットし、目印のお店や建物を探しながら歩く。
3年前に1度行ったのを思い出しながら。。

授業は、青山にあるオープンしたてのレンタルキッチン。
パンコーディネーターさんが経営されているので、
オーブンも発酵器も、パンに関する道具は揃っていて
オシャレでとてもきれいなスペースでした。

1人1単位ずつ、生地を手ごね。
1種類の生地で2種類のパンを焼き、
さらにそのパンを使ってペアリングのレッスンまで。

ペアリングとは、そのパンに合う食べ方の提案。
パンにはさむもの、添える食べ物、飲み物などを
コーディネート。

イーストと外国産の発酵力の強い小麦粉を使うけれど、
ペアリングまで含めて3時間で焼きあがって、
試食もできるなんて!

今回は、パン教室を開いている人、
開く予定の人向けのレッスン。
作り方はもちろん、教えるときのポイントなども確認。
予約が取れないほど人気の先生のレッスンは、
話し方など盗むところいっぱい。
東京に行ってよかったと思えるほどステキな先生でした。

今日学んだメニュー。
皆さんにもぜひお伝えしたい。
わが家の狭い工房では同じようにはいかないだろうけど、
制約のある方が「工夫」が生まれるし、ね。

帰りは、かばんがパンだらけでずっしり重かった(^^;)
Img_630847ba06d5870c9d20782ba4a2509f
パンドミのペアリング
Img_7cc2f070333da05aa1665fa604ef9869
ライ麦パンのペアリング
Img_75abbe2d83b74e892df21ac302d06209
ステキなスタジオ
パンコーディネーターの勉強会の後、
岡本太郎記念館へ。

会場が青山…と聞いた瞬間。
「太郎さんにも会える」と即決した。
入館最終時刻ギリギリに駆け込み、
真っ先に、太郎さんのアトリエへ。

ダメ…
涙があふれてきて止まらない。

アトリエには太郎さんの魂が…
エネルギーがあふれている。

アトリエの手前の部屋には
太郎さんと敏子さんの笑顔の写真が。
私の大好きな場所。

この3ヶ月ぐらいずっとスランプだったの。
壁にぶつかって、にっちもさっちも行かずで。
ずっとこんなところで立ち止まってるわけには
いかないんだ…って焦るばかりで。
Img_bc23a46a8627df2c7e00768cf6abc3b3
Img_a69ca6ffb7677c1215d72587317f7d02
Img_010f4e517270d1f74a48478027098bed
3日前、
いつも歩いている道にあるお寺の入り口に

「壁が扉になる」

とメッセージが。
立ち止まった。胸がグッとなった。
今、私の前に立ちはだかる壁は、
きっとどうにかこうにかもがいたら、
いつかカチっと開くかもしれない…と。

二人の写真は、
「やりたいこと、おやんなさい」と
優しく微笑んで、力強く背中を押してくれる。
前に訪ねた時もそうだった。

「がんばんなさい」
そう言ってくれた気がした。

もっとずっとそこにいたかったけれど、
閉館時間。。
「また、来ます」

太陽の塔が手を振ってくれた…気がした。

来て、来れて、良かった。
Img_0e80b4f3152075faaa88911bcaa650cb
Img_015a24d33d9aaddd94657dfe6a27c8af
Img_9941b207f19972d143d2e13d56562680
米粉マイスター講座に参加しました。
5日分の授業を2日間で学ぶ集中講座。
脳みそもおなかもぱんちくりん。

ずっとパンを焼いてきて、
数年前から「米粉」は気になっていたけれど、
小麦ですら種類がたくさんあって使いこなせて
いないし…と踏み出せずにいました。

初めて手にとった米粉が、
食品表示にグルテンと書かれていて、
「な~んだ、やっぱり」と思ったこともあって。

でも、そうこうしている間に時代は流れ…
米粉を広める活動をしている友人や
ノングルテンで作ったお菓子を販売している人と出会い、

お客様でも、
以前は「イースト?天然酵母?」と聞かれていたのが、
天然酵母が当たり前のようになり、
今は「米粉を使ったものはないの?」と聞かれる機会も
出てきて…

私自身マクロビオティックと出会って、
小麦が体に与える影響なども学ぶようになり、
確かに、体が米を欲していて、
パンが続くと体がしんどくなったり、
生粋の大阪人なのに、たこ焼きが重く感じたり…

ちょうど会場が家から徒歩5分のところだったので、
これは「縁」がめぐってきたのだろうと。

パンの小麦粉を単純に米粉に置き換えても
同じようにならない。
小麦と米、それぞれの持つ性質が違うから当然。

その基本的なことをあらためて意識できたことで、
「米粉」に対する壁がするする~と消えていきました。

ただ変わらないのは、
小麦粉も米粉もほかのお粉も、
「どのくらい水がほしい?」とお粉に尋ねること。

私にとってあらたな食材「米粉」
これからいろいろ試作して、コツをつかんでいかなくちゃ。
仲良くしてねん♪
Img_09413495837957bdba00692c45df32cd
米粉スイーツ
Img_cdd29ae1c8045b4b84dc9316ba4447b0
米粉餃子とチヂミ
Img_e1e028f7d9703c3861c430990f3de8ba
小麦のパンと米粉のパン