「節分だよ みんなで楽しむ 空庭ビル開き(ビルマルシェ)」に
参加しました。
寒い中、お越しくださった皆さまありがとうございました。

ビル風が吹き荒れ、フォカッチャに散らしたローズマリーが
飛んでいったり(^^;) いろんなハプニングもありましたが、
楽しいひとときでした。

どんなお天気でも、ひだまりパンをひとくちほおばると、
ほわぁとあったかく、笑顔になれる…
そんなパンをこれからも焼いていきたいとあらためて思いました。

…そんくらい寒かった(^^;)

でも大事なことをあらためて気づかせてくれた寒さに
感謝しなくちゃね♪

終わった後、出店されてた皆さんとしばし歓談(屋内で!)
新しい出会いに感謝です。

午前中は、マクロビオティックの講座を受けていたのですが、
いのちを輝かせるためには、「行動」に移すこと、
そうすることで「幸福」に近づくことができる。
人間の活動は「入れる」より「出す」ことが先という話でした。
(呼吸は吐くから吸える、排泄は出るから食べる、
お金も出るから入る^^)

早速、その通りになってる!
去年の秋、長らく封印していた天然酵母の新しいいのちを
受け取ったおかげで、これまで気になっていたことと向き合えたし、
今日のイベントに参加したおかげで、
それをさらに一歩進めることができた。
みんなつながってるんだなぁ。

「動く」「出す」ことで、客観的に見ることができるし、
新しい空気を取り込んで、栄養にしてまた出す。。

「吐いて、吸って」の繰り返しで、
気づけば一歩一歩ゆっくり進んでる。
私の中のモヤモヤがひとつずつ晴れて、
これまでぼんやりしていた輪郭が見えてきたような気がする。

感謝、感謝、感謝の1日。

今日という日とめぐりあえて幸せ(^^)
Img_e5a33d184622cef396b58c7286993a2e
Img_5e4615d1c6ec5ef50b3bddc453ba983d
本日winter setを無事発送しました。

おとといぐらいから体調がおかしいと思ったら、昨日は悪寒が…
ちょうどひだまりセットのパン焼きなのに…

予兆はあったのです。
先週、お菓子を暴食してしまい、胃が張って、肝臓辺りがだるくって…
ゆるゆるのスキだらけの体に、風邪菌がするりと侵入しちゃったのね。
意識していながら、防げなかった…反省。

レーズン酵母のパンは、発酵に時間がかかるので前の日から仕込み。
発酵させている間に、節々の痛みをこらえて、Funk session liveへ!

家で静かに休んでいるよりも、超クールなグルーヴに身をゆだねている方が、
体の中の気も血も流れが良くなるような気がして。
ついでに風邪も出ていくような気がして。Yes! 帰る頃には復活!
行きは歩くのがやっとだったけど、帰りは鼻歌混じりに歩いてた。

その勢いで帰ってから下準備を済ませておいたので、
今日はゆったり作ることができました。

パンには作り手の気が入るので、
しんどいと思いながら作ると食べた人もしんどくなるんです。
そんなパンはお届けできないし、したくない。

何より体が音楽を求めてた。
癒し系でなくかなりファンキーな音楽。荒療治!?
いい音楽は、心も体も元気にしてくれる。どんな薬よりも効果アリ!

お手元に届くパンには、私の体に走ったファンクのエネルギーが詰まってるかも。
元気になるよぉ(^^)v

でも私は今日は焼き上がりを少し試食した以外何も食べず。
不調の原因が暴食だから、体のエネルギーを消化から風邪退治に向かわせる。
体もいらないって言ってた。十分足りてるって言ってた。
おかげで体がだいぶと楽になりました。

体の声を聴く。

大事なことに気づかせてもらえた。
風邪もたまにはひいてみるもんだな?
Img_3aa87b3010f86d7697e2e3c5da182967
今日は2年間通ったマクロビスクールの師範科卒業式。

体験教室で、お出汁を使わないお味噌汁の味に感動して、
体の声に導かれて気づけば卒業を迎えていました。

卒業制作発表もあり、みんなのいろんな思いが詰まったお料理が
テーブルに並びました。

私は「玄米クリーム」
炒り玄米で作る重湯。

最後の3年間自分の口で食事ができなかった母に作ってあげられなかったので、
卒業という節目に、心にひっかかっているものを形にしようと。
私自身が前に進むためにも。

炊きたてのおかゆを、熱いうちに晒で絞る大変な作業。
重病の方も唯一喉を通るといわれる、
今学んでいる料理の中でも特に大事な料理。
「この人の病気を治したい、元気になってもらいたい」という
強い思いがあってこそ作ることができる。
体力以上に精神力が求められる料理。

母にはしてあげられなかったけれど、
「必要としている誰かのために自分を活かしなさい」と
背中を押されているような気がしました。

春と花が好きだったので、目でも楽しんでもらおうと春のアレンジ。
桃色、白、若草色、それぞれにお野菜や果物を蒸し煮したピューレが入っています。
そして上には、花をあしらって♪

そしておかゆを絞った後に残る殻も捨てずにおせんべいに。
こちらも3色・3味で。おせんべいを薄くのばす作業に手こずり、完徹…

手こずってる間に、パン発酵できるわ…とおまけでパンも2種類焼きました。
昔パン教室の師範科講座で習った健康パン。ちょうど陰陽のマークなの!
10年以上ぶりにレシピを引っ張り出してきました。春らしいしね。
そして、自家製レーズン酵母のプチパン。
マクロビらしく、新月に炊いた小豆昆布と蒸し煮したゴボー入り。

昨秋の天然酵母パン講座で起こした種を継いだもの。
かつて育てきれなくて封印していたけれど、「今ならできる」と再開。
パンは、マクロビでは控えた方がいい食べ物だけど、
私にとっては、「パンは生きている」「いのちをいただいている」と
気づかせてくれた大事な食べ物。

マクロビとの出会い、陰陽理論との出会い、酵母パンの再開、
いろんなご縁がつながって、今日という日を迎えられたことに感謝して
心を込めて作りました。

卒業は終わりではなく、始まり。
やっと入り口に立ったところ。
さあ、次の一歩を踏み出そう。迷わない。

なんだかとても清々しく、晴れやかな気持ちで胸がいっぱい。

そういえば、
おととい、夢の中で、母が今日使う野菜を持って玄関に立ってたの。
ビックリした!
Img_f543ed4ab7a5d239313dcdc21e28a463