2015年のひだまりパンセット第一弾1"New Year Set"を無事送りだすことができました。
ごぼうに黒豆、干し柿…お正月の残りものではございません。
黒豆は柔らかめに炊けたので、豆がつぶれないよう形を変更しました。

炒り玄米、ごぼう、黒豆は、マクロビオティックの料理法で下準備しています。
素材の旨みを引き出し、一物全体をいただくことで、
食物のエネルギーを体に取り込みます。
新年のハレの食卓が続いた後は、
シンプルなパンとやさしいスープで体を整えてみてはいかがでしょう♪

前の週末は、初釜で今年もくるみパンを焼きました。
私が一番最初に習ったパン。そして、私が一番好きなパン。
初心に帰って丁寧に、初めてオーブンから出てきた時の感動を忘れないように。

今回は少し材料を変えて作ってみました。見た目はおんなじなんだけど…

大事にしたい根っこの部分は変えずに、
少しでも気になって、心がざわざわしたことは、より良くなるよう変えていく。
先入観や固定観念をもたずに… 変化を恐れずに…

今年は一歩踏み出せるかな?
今年もやっぱりマイペースかな?
これまで私の中に蓄えてきたものを出していきたい…
今、そんな気持ちがあふれています。お料理も音楽も。

というわけで、今年もよろしくお願いします。
Img_a3f7fa3724483cdb3d8a5f1a56f2653c
手前みそですが・・・

先月初めの「白味噌づくりワークショップ」で作った
お味噌ができましたっ♪
 
気温10度のわが家ではゆっくり熟成。
お正月のお雑煮には間に合わなかったけど…
(まだ塩気が感じられたの)
時折、つぶれていない大豆が丸ごと出てくるのはご愛嬌(^^)

職場近所の酒屋のおばちゃんが、地酒の新粕をくれたので早速かす汁に。
白味噌&酒粕で甘~くなりました。いい香り。
ちょと酒粕を入れ過ぎたので、
とろっとろの「シチュー」になっちゃった。
新月のプチ断食明けの玄米粥とともに。あったまる~♪

かす汁は、大鍋で作るに限る!たっぷり1週間分。
わが家のかす汁は具だくさん。10種類は入れます。
お出汁は入れなくても、具材の旨みで十分おいしいです。
他のおかずがなくても、具だくさんなので十分満足。
「帰ったらかす汁が待ってる」と思うと、
仕事の疲れも吹き飛んじゃう。

溶いた酒かすがまだ残っているので、
酒かすホワイトソースの根菜グラタンにしようかなぁ♪

*おまけ*
酒かすは冷凍できます。お味噌同様、冷凍しても
固くならないので、使う分だけ取り出して、小さくちぎって
お湯をかけておけば柔らかくなります。
Img_7b8b6a2f861ef84ac847b9377fb4fe72
手前みそですが・・・
Img_25efba2dcde5b58c0369acf4e706dcb9
玄米粥とかす汁
日曜日はマクロビオティックの師範科最後の授業でした。

にしんの昆布巻、塩鮭の頭入りかす汁…
え?マクロビでしょ? 
Yes! マクロビは菜食ではないのです。

動物性食品を食べ過ぎて体を壊す方が多いので、
偏りを正して真ん中に持ってくるために、
お肉やお魚を控えてお野菜を食べましょうと言っているのが、
動物性のものを「食べない」「食べてはいけない」というふうに
誤って受け取られてしまったの。

その証拠に、私たち人間には犬歯が4本あります。
犬歯は肉を噛みきる歯。
食事全体の1割以内ならお肉を食べてもいいということ。
野菜は2割(門歯)、穀物は5割(臼歯)…これがバランスの取れた食事なのデス。
それでも、飽食の時代に生きる私たちは、
食べるのを控えたり、食べ方に気を配る必要があるのかなと思うのデス。

写真一番奥の茶色いかたまり。これ一体何?
「モニコド」というおやつデス。
りんごとくるみとうどん(!)と甘くないあんこを寒天で固めた…羊羹みたいな。。
戦時中、物資の乏しい中で工夫して生まれたおやつ。
桜沢如一先生が「どこにもないなぁ」とおっしゃったところから命名されたそう(^^)

ご飯が2種類あるのは、先日前会長の法事があったとのことで、
校長先生が「黒豆ご飯」を私たちのために作ってくださいました。

あとは来月の卒業式と卒業制作発表だぁ。試作も順調!?
Img_327ac3d593cb99b4ea2b1054f4263b53