早起きしてごま塩を作りました。
マクロビ教室では、みんなで交代しながら作業をするけれど
今日は初めてひとりで挑戦。

自然海塩を炒って、パウダー状になるまですります。
そうすると、やさしい甘みが出てきます。
そこに炒った黒ごまを加え、まったく力を入れずに塩と合わせていきます。

パウダー状の塩ひとつぶひとつぶを黒ごまが包むように…

集中力がいります。
朝の静まりかえった空気の中だとその集中が心地いい。

手間ひまと塩の甘さに感動した感覚を思い出しながら…

お教室に持っていき、先生に味見していただいたら、
「初めてひとりで作ったにしては…」と95点いただきました♪

これからもこの緊張感と「だいじに~大切に~」と思いやる気持ちを忘れないようにしなきゃ。

早いもので、マクロビ教室に通って1年たちました。
料理好きの好奇心から飛び込んだのですが、
こんなにハマるなんて、自分でもびっくりです。

といっても普段はフツーの食事の方が多いですよ(^^;)

1年前の体験教室でおダシを使わないお味噌汁のおいしさに心奪われた
その感動が私をここまで導いたんだろなぁ。
自分でもびっくりするぐらい体が「素直に」反応した。
その感覚を信じて、楽しんでたら1年経ってました。

そういえば、
私がパン教室に通い始めたのも、
体験教室でパン生地が膨らむ様子に命を感じて感動したのがきっかけでした。
最初は教室でしか作らなかったのに、
こうして皆さまに味わっていただくようになって…
あの感動からもう15年は経ってるのに、色褪せない。

ちょっと嬉しくなりました。

今日は新月なので「小豆かぼちゃ」も作りました。
夜、陶芸の先生におすそ分けしたら、
タッパに黒豆が入って返ってきました。

“まめ・まめ交換”だねって笑いあって♪

ステキな時間が流れた一日。



最近やたらと眠たいです。
春眠の季節にはまだ少し早いような…
暖かくなったと思ったら、グッと冷え込んだり、
三寒四温、ひと雨ごとに暖かくなってくるのかな。
桜のつぼみも少しふっくらしてきたような…

眠い目をこすりながら、あれもせな、これもせな…
と考えている間に意識はどこかへ。
結局こたつで寝てしまうこともしばしば…

眠たくなったら、いさぎよく寝る!
朝、あれもしてない、これもしてない…
と後悔するけれど、
生活のリズムができてきたら、朝型生活が送れるようになる…かな?

玄米食を始めて、今「玄米粥」にはまっています。
これまでもレトルトのお粥の中で一番好きでしたが、
自分で作る玄米粥はいちだんとおいしい!?

食べるのは、朝。
前の夜に作っておいて、食べる分だけ小鍋で温めます。
一度にたくさんできるので、残りは冷蔵庫に。
朝食用のおかずも少しずつ用意して。
こちらも常備菜として、たくさん作っておいて
お弁当に入れたり、晩ごはんに添えたり。

写真のこの日は、
♪お大根とおあげさんのたいたん
♪ひじきれんこん
♪菜の花のごまあえ
♪小豆かぼちゃ

自分が食べたいものを作っているから
毎日同じでも飽きないのね。

朝は子どもの頃からパン食だし、
時間がないからごはんなんてムリ!て思っていたけど、
全部をいちから作るわけではないので、
やってみるとこれがなかなかイイ。

ご飯の用意をするのに少し早く布団から出ようとするし、
家を出るまで5分時間ができたら、本だって少し読める。
そしてきちんと朝ごはんと向き合って食べる時間が心地よい。
お粥が体に染み渡っていく感覚が、体を目覚めさせ、
今日も一日ガンバロっていう気にさせてくれる。

お米の力ってやっぱりスゴイ。

でも私はパン焼きなので、
試作した後などはパンの朝ごはんです。

夜なべして作ったできたてのジャムをトーストに塗ってほおばる
その瞬間がたまらなく好きだったりするのデス。

いつまでもうとうとまどろむ朝も好き♪

朝の時間を大事に過ごすと、
その日一日幸せに過ごせる気がします。
Img_ae389827846a34822f215bd53a898083
本日「春よ来い」セットを無事見送ることができました。
ご注文くださった皆さまの元へは明日到着する予定です。
楽しみにお待ちくださいね。

よもぎミニトーストが焼き上がると、
部屋によもぎの香りが広がります。
ふわ~っと喜んだのもつかの間、
私の手元に残る子がいなかった…ガクッ
金柑ジャムと合うのよねぇ。
明日、自分の分作ろ。

プランタンは、急きょ思いつきで材料を加えました。
作るのがひだまりを始めた頃以来久しぶりでした。
より春らしくなったのではないかな♪

グラハムごまパンのごまは、洗いごまを炒りました。
これまでは市販の「炒りごま」を使っていましたが、
自分でごまを炒る楽しさ、おいしさを知ってしまったら…ねぇ。
炒る時からプチプチはじける音が楽しくて♪

ポテトパンは、大好きなんだけど、
作るのがなかなか手ごわいのデス。
今回もやや手こずりましたが、ふわっふわのパンが焼けました。
蒸したてのおいもをマッシュして加えるのですが、
分量より余分めにできるので、
あまった分に塩コショーをふって熱いうちにつまむのが好き♪

子どもの頃から、ポテトサラダを作る母の目を盗んで、
粉ふきいもをつまんでました(^^;)

ビスコッティは、端っこが私のおやつになります。端っこ大好き♪
発酵を待つ間にコーヒーブレイク。

ピクニックやおよばれにパンを持っていくと
端っこがいつも取り合いになります。

発送に行く途中、彼岸桜が咲いていました。
いつも一足先に春の訪れを知らせてくれる。
今日は風が冷たかったけれど、春の空気を抱いていた。


インターネットの「お気にいり」が増えてきたので
整理しがてら、ご無沙汰している方のHPなどを開けてみた。

気になっていたお店が閉店していたり、
お休みされていた方が活動を再開されていたり、
ますます活躍されていたり、ご家族が増えていたり…

それぞれの人生をしっかりと歩んでいらっしゃる。前を向いて。

私はいつまでも自信がないまま、何も変わらず、変えられず…
隣の芝生…でしょうか?

それでも
パン焼きを再開したことで、新たなつながりが生まれたり、
ご無沙汰していた方々と再びつながることができたり、
自分が動き出せば、何かが動き始めるのですね。

それが誰かの動きとリンクして新しい流れができたり。

そして
驚くほどのタイミングで、いろんな形で人やモノ、コトバと出会うのです。
それらに導かれながら、小さな決断や選択を繰り返して

今、ここにたどり着いたのだなぁ。

先日、シバタプラセールファームさんから
玄米と全粒粉と大豆が届きました。

2年ぶりの「ありがとう米」です。
これまでは白米に精米していただいてましたが、
待望の玄米デス♪

早速玄米ご飯を炊きました。
白米の時もそうでしたが、ひと口ほおばったとたん
「ありがとー!!」って叫びましたよ。

気持ちを落ち着けて、あらためて
「ありがとうございます」と3回心の中で唱えながら噛みしめました。

 いのちをくれたお米に
 いのちを大事に育ててくださった生産者さん(シバタさん)に
 愛情たっぷりのお米をおいしく料理した…私?、いえ圧力鍋さんに…

3回唱えると、30回噛んだことになるのです。
しっかりよく噛むことで、消化を促し、腸の負担が軽くなるのです。
まだ噛む力が弱く、3回目が「ありがとうご…ごっくん」となることもあるけれど…

あまりに嬉しくて、いてもたってもいられず、
コンプレを焼きました。
とってもいい感じに焼けました。ひゃっほっ!

テンションMAXで、その勢いのまま
大豆を炒って、きなこにして、玄米きなこボールを作りました。
ミルで挽いたのでやや粗めですが、ザクザク感が素朴でいい感じ♪

おまけに全粒粉100%でいちじく入りのケーキも焼いちゃいました
もう止まりません(^^;)

感謝の気持ちを込めて、お礼にお送りしたら、
ブログで紹介してくださいました。  (Click!) 

心の底から湧き上がるよろこび

「おいしい」と感じることが一番の栄養

「ありがとう」と言えることが心と体の軸になる

日々感謝の気持ちを忘れないように
Img_26b9f1e8d75ceb31460a9214384badb2
Img_bcf8cf03e24d8a98aa599de471dc56d3
Img_9541c0763bc556f2a823c88bdf9282c1
先週の連休、仙台の友人Daaが初個展を開いたと
写真が届きました→

カラフルなかばんなど布小物たち。
まだ寒いであろう仙台にパアッと花が咲いて
いっきに春が訪れたよう。

出会って20年近く。
交わした手紙はもう箱からあふれています。
手紙に添えられたイラストがかわいくて、
ポップな色使いやデザインがステキで、
フツーの手紙しか書けない私はうらやましくて(^^)

同じ時期に同じようなことを考えていたり、悩んでいたり…
手紙を送ったら、同じタイミングで届いたり。

“以心伝心”
遠く離れていても、つながってる。
Soul Friendです。

私はいつも自分のことばかり書いてしまうのに、
彼女の手紙はいつも私のことを気遣ってくれる。

メールという便利なツールもあるけれど、
“手紙”を大切にしたい。

そこには“ぬくもり”があるから。

春、飛び出す季節
春、あなたの花をいっぱい咲かせて
春、あなたの一歩に

おめでとう♪


追伸:DaaのブログをLinkに追加しました。
   日々の小さな感動がカラフルに綴られています。
Img_4f57f4007f4071e6102efda76f65c7c4