昨日はお天気が荒れましたね。
大阪市内も雪が積もるなんて…
都会暮らしも今年で10年になりますが、初めてじゃないかしら。
実家でも10cmぐらい積もっていました。
私が高校生ぐらいの頃は、20cmぐらい積もることも結構頻繁でしたが。

暦の上ではもう春になっていますし、
梅の花もちらほら。
桜もまだ芽はかたいけれど、春に向けて着々と準備をしてる。

私もいつまでもこたつにもぐりこんでいないで、
そろそろ春に向けて「春のからだ」を作っていかないと。
いつまでも「蓄えて」る場合じゃないわね。

2月のひだまりパンは、すぐに予約が埋まりました。
ありがとうございます。
そして、お断りした皆さまには申し訳ございません。
また次回以降よろしくお願い致します。

先月末、近所の私のお気に入りのパン屋さんが閉店されました。
創業から90年!
昔ながらのパンが好きでした。
時々イスに座って居眠りしているおかみさん、
冬になると真っ赤にひび割れた先代の手、
食パンのカットをお願いすると、いつも端っこを入れてくれました。

その端っこは、トーストしてラスクにしたり、
クルトンがわりにスープに散らしたり、パン粉にしたり…

さみしいなぁ。
いつもあたかかくてやさしいパンをありがとうございました。
ひだまりパンもそのぬくもりを忘れないよう
ひとつひとつ大事に作りたいと思います。