4月の初めのまだ肌寒い頃、
やさしい淡い桃色の花びらで、私たちに春を告げてくれた桜。

日差しが強くなってきた今、
私たちに木陰を提供してくれている。

八重桜もそろそろ終わりを迎え、
はなみずきが咲きそろっている。
その下では、つつじも咲き始めた。

実家のつつじの陰でひっそりと
つつましやかにスミレが咲いていた。

街路樹の根元に、隣家のおじさんが植えた
ミントが旺盛に茂っている。
指で葉っぱをこすると、スッといい匂いがした。

バスを待つ間、
公園の石垣に腰をかけていると、
もみじの赤ちゃんが、芽を出していた。


季節の移ろいを感じる喜び。
こんなに「いのちのリレー」は早かったっけという戸惑い。

これまでは「私、何やってんだ」と焦るばかり。
気づけば季節は終わっていた。
乗り切れず、ついていくのに必死の浮ついた日々。

でも、今は・・・
この春は・・・

戸惑いながらも、
自然の「時の流れ」に寄り添える幸せを
あらためてかみしめる。

たけのこをゆでる。
舌でも季節をかみしめる。

「時計の針」から解き放ち、
自然の流れの中で暮らせたら・・・

パンが発酵するのを待つように。

陽の光で目覚め、日が暮れると眠る。

そうすれば、電気もあるだけ使いきらなくても
必要な分だけで済む・・・と思う。
連休後半は大掃除!

3日間かけてかなり徹底的にやりましたよ。
腰痛が再び悪化しないよう少しずつ、ゆっくりと。
あわせて衣替えも。

こんなに家に風を入れられる時間なかなかないものね。
家が生き返ったような、新鮮な空気に包まれて気持ちいい♪
荷物はほとんど減ってないんだけど。。。

去年からパン作りができないでいる間に、
すっかり荷物置き場となっていた作業台もキレイに元通り!

キレイになったら作りたい気持ちがうずうずしてきたので、
フラップジャックスを作りました。

イギリスの焼き菓子で、オートミールざくざくで超シンプル。
だけどボリュームがあって腹持ちがよくて、食物繊維たっぷり。
バターもたっぷり使ってるから、バクバク食べないし
少量で満足できるのデス♪

夜は陶芸教室へ。
先生の妹さん家族も来られて・・・
明るくて、なんだかプラスの空気に包まれて
しばしぼんやりうっとり。

私・・・ふだん自分の「ないもの」ばかり数えてため息ついたり、
人と比べて「できない」ことばかりですぐに落ち込んじゃうけど、
今「あるもの」をもっと見つめて、大事にしなきゃって思いました。
愛すること、受け入れることで「できる」に変わるんだって思いました。

自分のペースで呼吸すると、
見えなかったものが見えてくる。
気づかなかったことに気づいたりする。

部屋と一緒に、私の中の空気も入れ替わったみたい?
Img_79db05550c72ef86697e9e5627f20c2cd15b4a91
今日から玉造のZOO second spaceで
「家具と器と・・・小さなオヤジたち」展が始まります。

昨夜、焼き菓子の搬入に行ってきました。
家具と器と・・・ちょこっとお菓子。

こんな空間でティータイム過ごせたら
ステキだなぁ(^^)

お時間がございましたら、
ぜひ足をお運びくださいませ。

土曜日は、私も少し顔を出します。
蚊にかまれまくって、顔の左半分ボコボコに腫れておりますが。。

また顔面を蚊にかまれて、疲れ果て朝寝坊。。
夕方、ZOOにうかがいました。

搬入した時は、まだざっくりと作品が並べられていましたが、
ステキにディスプレイされていました。
ひだまりのお菓子も、いい顔してる(^^)
残りわずかです!(売り切れたものもあります)

同じスペースでも、置くものや位置で雰囲気が変わるんですね。
その家具や器のある「暮らし」のイメージが膨らむ。
ただ「モノ」を作って、並べるのではなく、
作家さんの思いや、作品の「息づかい」が感じられる。
手づくりだからこそ。

あの空間にキッチンと畑があれば、
私の理想の「ひだまり」だなぁ・・・と空想に浸っていました。
木と土と光、テーブルを囲んで、人が集まって語らって・・・
Img_754bf160438668b2e4690bf824c18fb59c370cdf
Img_eb02500d4b50670284b805d626b168f7d4240317
さらに、今日はお気に入りのカバンを持っての初外出。
ウキウキ度upです(^^)

通勤用に10年ほど使っていたカバンのファスナーが壊れたので、
思い切って、本革のカバンを買いました。
職人さんの手づくりです。

革は手入れが難しいからと悩んでいましたが、
「いいもの」を大事に使いたいと、思い切りました。
もうだいぶ過ぎたけど、自分への誕生日プレゼント。

革が使いこむほどにいい色になっていくように、
私も年をとりたいなと思って。

お店で1時間悩んで、最後に見た1品に一目ぼれして、
一瞬で決めました(^^;)

私にとって「最後のかばん」

しっかり使い込んで、手入れして、
傷んだら直してもらいながら、
残りの人生かけて大事にしていこうと。
最後は、このかばんに入るものだけ持って
人生を終えられたらステキだな。

なんだかもったいないぐらい
幸せな一日。
Img_f3a4b9eb1f4df6bb478d300048e7ea7a14648b22
ZOOのソファとともに