スタジオで練習した帰り道、
真っ暗な路地で、気配を感じて足元を見ると
近所のネコがうずくまっていた。

いつもは違う場所にいるのに、
なんでこんな風の通り抜ける寒い場所に?

いつものようにしゃがんでなでてやる。
「こんな寒いところにおったら風邪ひくで」

・・・ずー、ぴぃー、くしゅん
・・・・・・ずぅ、びぃ、ぐちゅん

「あんた、私よりひどいなぁ」

暗くて見えないけれど、目も鼻もずびずびの様子
なでている手を止めると、「こっちも」と向きをかえる。

「はよおうち帰り。私も寒いから帰るわ」

ひとなでして立ち上がる。

「へぇっくしゅん!」

こちらは私・・・

ネコにも人にもつらい花粉症の季節。

そんな一匹と一人を月が照らしていました。