大豆レボリューションの3回目。
「草刈り&枝豆収穫」

前回とはうってかわって、ピーカン。日差しが強い。
1ヵ月半前に草刈りをしたのに、またもや一面ミドリ。
大豆も生長しているけれど、それ以上に雑草が伸びている。
鎌を手にしゃがむとすっかり隠れてしまう。
流れる汗。半端じゃない。口に入ったら驚くほどしょっぱかった。
タオルで顔を拭くと、目がしみた。。
日差しがジリリと肌を焼く。このジリリが好きだったりする。

雑草と格闘すること2時間。隠れていた大豆がみんな姿を現した。
一人1本ずつ抜いて枝豆を収穫。20人で20本。(写真は半分ぐらい)
枝からはずしてその場でゆでて、いっただっきま~す♪
ぷりっぷりでおいしい。豆の香りがしっかりしています。
止まりません。ビール欲しい。。

池で冷やしていたすいかも真っ赤で甘くて、とってもみずみずしい♪
暑さと作業で疲れた体にしみていきます。
止まりません。白いとこまで食べつくします。

そういえば子供の頃、冷蔵庫にあったすいか1/2玉を
留守番の間に一人で全部食べつくしたことあったっけ(^^;)
田舎に行くと、縁側に10個ぐらい転がってて、
毎日海に行っては、磯で冷やして食べ、海から戻っては食べ、
すいかまみれやったなぁ。。

木陰でみんなでおべんとタイム。
ゆるりとした時間が流れていく。
私はほとんどとろ~んとしてました。。
でも陰がなくなって、ジリリと焼かれ、
気づくと腕やら首やら腰やら(チビT着てたので)真っ赤。。

太陽の光に当たると「メラトニン」という物質が分泌され、眠気を促します。
夜を待たずとも、とろ~んとしたまま家路につき、
そのままずっととろ~んとしてました。

今回も帰りに「野菜セット」を買わせていただきました。
冬瓜とオクラとピーマン。
毎回何が入っているか楽しみです。
帰り道、メニューを考えながら歩くのが楽しみです♪
早速晩ごはんに。
 冬瓜と鶏だんごの中華風煮物
 オクラポン酢
 ピーマンとたまねぎの炒め物

次は新米パーティーだぁ!
Img20090908012138
実ってます♪
Img1b20090908012138
待ってました!
Img1c20090908012138
食欲をそそる赤。甘~い♪
小さな転機を感じられた8月の終わり。
顔を上げて、前を向いたら、
思いがけない話が待っていた。

「歌を教えないか・・・」
考えたことなかったので驚いた。
自信がないからレッスンを受けているのに。
そんな私に何ができる?全く想像がつかない。

私の歌に必要な「ココロを解き放つ」ために出された課題?
「自信」持つために土台を築く・・・険しい近道?

Yesと言えば、その方向に動き出すだろう。勇気と覚悟があるか?
Noと言えば、きっとこれまでと何も変わらない。それでいいのか?
逃げるみたいで、そんな自分に悔しさもある。

「できない」ことは「できない」と認め、
「わからない」ことは「わからない」と認め、
できるよう、わかるよう努力することで引き出しは増える。
最初はみんな初めて。

嬉しいけれど、怖い。
神様は「乗り越えられない試練は与えない」と言う。

返事まであと1週間。
揺れる。。。
Img20090912144251
朝の光の中で・・・
今宵はカーク・フランクリンのライブ♪
もうっ、最高!!!!!

オープニングがいきなりEW&Fの"September"でおりょ?
でもま、9月だもんね~。
その後は、15年以上前の曲から最近の曲まで大好きな曲てんこ盛り♪
1曲ごとにいろんな思い出がよみがえってきます。

超ウルトライントロドン!で、ギャーギャー叫びまくる私。。。
そして一緒に歌いまくる私。。。踊りまくる私。。。

フロアの一番奥の列だったので、立つとカウンターからは首しか出ない。。
しょうがないので、椅子に足をひっかけた状態で立ちっぱなしで、動きまくる。
飛ぶ気満開で、軽いスニーカー履いてってたのにぃ。。
こんなに全身で、ココロの底からはじけたのは随分昔のような。。
随分長い間エネルギーをため込んでたんかなぁ。
ため込んでたから出たのか、ため込まないと出ないのか・・・?

全身のエネルギーを出せるのはゴスペルだからかも。
心の奥にある苦しみや喜びをさらけ出す音楽だから。
そして私自身がそれを必要としている。

はしゃぎながらも、歌の意味をかみしめ、
その歌と出会えたこと、一緒に歌える喜びをかみしめました。
客席のすさまじいエネルギーを小さな体で受け止め、
倍以上にして私たちに返してくれる彼はやっぱりスゴイ。

ビルボードで2時間のライブなんてありえない。
何度も何度もアンコールに応えてくれてありがとう。
本当に幸せでした。

翌日、声がガラガラだったのは言うまでもありません。。
ふくらはぎにも大きなアザが。。
そのアザすら愛しい♪
どこまでも高く澄んだ空
夕暮れのひんやりした風
その風に揺れるコスモス
薄暮の山際のオレンジ色と夜の藍色のコントラスト
暗い夜道にふんわり漂うキンモクセイの香り

ひだまりで昼寝をする私
あったかいお茶とおはぎ

秋の一日
今朝、観音山よりいちじくが届きました。
しっかり熟しておいしそう♪
さっそくジャムに。

コーンブレッドを作りました。
いつもと違うお店で買ったコーンミールは、グリッツに近い粗さ。
おかげでメニューにアップした写真とはちょと違う見た目と食感に。
でも、私が作りたかった「パサっとザクザク」にできました。
好みが分かれるかな~とちょとドキドキ。

昨夜作っておいたミネストローネと一緒に試食。
はちみつも入れてますが、塩味なのでお食事と一緒がいいかも。
でもはちみつやメイプルシロップをたら~とかけて食べるのもうまいです。

ご注文いただいた皆様、楽しみにお待ちくださいませ♪
Img20090921223029
Img1b20090921223029
シルバーウィーク、みなさんはどのように過ごされましたか?
私はパンの発送を無事終え、今日はオフ!
昼まで寝て、ゆっくり片づけと週末の手づくり市の段取り作り。
オフ・・・なのか?

夜、「未来の食卓」という映画を見に行きました。
学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにしようと試みた
フランスの小さな村のドキュメンタリー。

農薬をまいた畑は、土が疲弊して作物が育たない。
だからまた農薬をまいたり、化学肥料を使う。
そうやってどんどん畑が弱っていく悪循環。
そしてその影響が知らず知らず人体をむしばんでいる現実。

映画の冒頭と最後に、村長が「オーガニックとは?」と尋ねると
「自然のまま」と答える子供たち。
オーガニックは“特別”じゃなく、“当たり前”のはず。

主婦がオーガニックのものを選ぶようになって、
(値段が高いから)無駄な買い物をしなくなったと言っていた。
余分なものを買わないから冷蔵庫の中のロスもなくなったと。
そうすれば、生産量が少なくても十分まかなえるだけの量が作れるという。

私たちは日常スーパーに並んでいるものの中から選ぶしかない。
でも農家さんから直接買ったり、自作という選択肢もある。
そうやってたどりついた「ハタケ」だった。
意識のアンテナを伸ばすと、おのずと情報が入ってくる。

小さな意識から価値観が変わり、
小さな意識が集まって、大きな動きとなれば経済や政治を動かすかもしれない。
小さな意識を持ち続け、できることをやっていこう・・・

フライドポテトを食べながら思う・・・
「神戸手づくり市 in つかしん」

初めてのイベント出店でした。
ドキドキしながら焼きあがったパンたち。
徹夜覚悟でしたが、睡眠時間取れました。
体を休めて、いざ!

右手にクーラーボックス、左手に大きなビニールバッグ
背中にはバックパック・・・まさしく行商スタイル??
重さでひっくり返りそうになりながら電車に乗る。

会場のチャーチ広場に着けば、みなさんテントを組み立て中。
私は、テント・・・持ってません。折りたたみ傘を持参。
麦わら帽子は荷物になるので置いてきた・・・これが失敗。。
日差しは10時前からジリジリと照り付けます。
陰もなく、パンを日差しから守るためテーブルに傘を立てかけます。
風が結構あったのでずっと持っとかないと飛ばされます。。
小さな帽子をかぶっただけの私はジリジリと焼かれてゆきます。。

今回はパン10種類、焼き菓子3種類、ジャム1種類の品揃え。
見本のパンを1個ずつ出して、あとはクーラーボックスで保管。
テーブルの上がこじんまりしています。ちょっと寂しすぎた?

直前に申し込んで、直前に告知をしたにも関わらず、
友人、知人たくさん足を運んでくれました。
みなさんありがとうございました。
おかげさまでたくさん売れました。
みなさんのおなかとココロもほっこりなりましたでしょうか?

日陰ができたのは16時でした。。
傘をたたみ、風が通り抜けるのをやっとホッと感じることができました。
みなさんとお会いできたこと、お話できたこと、いただいた感想が
何より嬉しかったです。

これからも不定期になりますが、参加したいと思いますので、
今後ともよろしくお願いします♪
Img20090927220326
Img1b20090927220326