4月に入ってもまだ肌寒いですね。
今日は3月に延期になった、じゃがいもの植え付け決行!
天気が悪かったけれど、これ以上遅れさせることは無理ということで、
集まった10数名で、作業を分担して植え付け。

土をならす人、種いもを切る人、切ったいもに炭をつける人、
植える間隔をはかる人、植える人、マルチをかぶせる人。
おかげで1時間半程度で作業終了。と同時に雨が。。

慌てて近くのビニールハウスに移り、
ほうれんそうや小松菜に囲まれてのランチタイム&交流会。
主催のお兄ちゃんの師匠が来られて、農をとりまく現実や
活動されていること、生き方・・・などお話をしてくださった。

最近、ふと思うことを話されたので、心にしみました。
私が昔、選ばなかった道に今近づきつつあるような気がして。。
でも今、そこに向けて踏む出す勇気がまだなくて。。
随分遠回りしているけれど、その間に色んな経験を身につけてこれた。
実は選ばなかったんじゃなく、気づかなかっただけで
遠回りする道を選んでいたのかもしれない。

私自身がまだうまく説明できなくて、
ただもやもやした雲みたいなかたまりが、
土に触れたとたん少しずつ大きくなっていて、
ココロに問いかけています。

トントン・・・
「あなたは今本当にやりたいことをしていますか?」
「あなたが本当にやりたいことは何ですか?」
晴れました。絶好のお花見日和です。
先週まいたレタスが発芽しました。
ぴょこっとまだ5ミリ程度。かわいい♪
朝からテンションあがります(^^)
外に出して、水菜を植えていたプランターと交替。
しっかり育っておくれ。

今日は「ソラベジ」プロジェクトに参加。
ベランダ菜園を楽しもうというメンバーが、コツを教わりながら
一緒に種まきして、各自生育記録を報告しあおうというもの。

これまで私も水菜を2回失敗して今回初めてうまくいったし、
肥料のことや間引き方とか全くしらない「ほったらかし栽培」なので、
よりおいしく、しっかり作る方法を知ろうと思って。

今日は大きめのプランターにラディッシュを播きました。
赤くて丸い子(sora radish)
白くて面長の子(white icecle radish)
赤白面長の子(french breakfast radish)
それぞれこじゃれた名前がついています。この3種類の種をあえて混ぜ混ぜして
MIX RADISHにしちゃいました。

ラディッシュは、日本語で「二十日大根」。
うまくいけば、今月中には食べられる!?

楽しみです♪
Img20090405232427
種まき(土をかぶせる前)
なんだか春を飛び越えそうな日差しでした。
会社の横の川沿いの桜が満開だったので、
桜の下でおべんと食べました。

会議室で食べていると、5~10分程度で食べちゃうのですが、
なんだかゆっくり噛みしめて、ゆったりした空気も一緒に味わう。
時折、風が吹くと花びらが舞い散り、読んでいた本の上にひらり。
そおっとページをめくって、そこに春をとじこめる。
Img20090411003657
1週間前にまいたラディッシュが、目をこらすと土をもちあげていた。昨日の朝。
ぴょこっと芽がでていた。昨日の夜。
ぴょこが増えて、双葉が開いていた。今朝。
抱きしめたいほど愛しい♪
生きる力ってすごいな。こんなに小さいのにエネルギーにあふれてる。
毎朝、元気をもらう。笑顔になれる。
毎晩、疲れていても笑顔がこぼれる。

1週間前に発芽したレタスはそろそろ間引き時かな。
大きく育つように。
抜いた若葉につまったエネルギーを大事にいただく。

水菜を植えていた土をプランターから出して再生する。
土の下で生長していた芽が数本出てきた。
水菜を抜いたことで、スペースができて、発芽したんだね。

したたかに生き抜く力が、あの小さな種に遺伝子として組み込まれているなんて不思議。
私なんて、いまだにへなちょこなのに。。。
Img20090411174918
ラディッシュ発芽(種まき5日後)
Img1b20090411174918
レタス発芽
気持ちいい快晴。
窓を開け、久しぶりに大掃除。
花粉の時期は、窓を開けないように過ごしているけれど、
まだ目がかゆかゆだけれど、
こんな天気のいい日に風を入れない方が体に悪そ。

午後から実家に帰る。
私の好きな桜並木は、先週で花が散ってしまった。
その横でいちょうの木から小さな小さな扇形の葉がぴょこぴょこ顔を出していてかわいい。
しばらく木々を見上げながら歩いていたら、
静かに旋回しながら飛ぶ大きな鳥が・・・とんび!
鳴いてはいないけれど、あの飛び方は子供の頃田舎の海で見たのと同じ。
この辺りで見かけるなんて!
ふもとでは、うぐいすが鳴き声を自慢するかのように美しく鳴いている。

私が卒業した中学校のフェンス越しでは、八重桜が満開。
夜歩くと、ぼんぼりのようできれいなの。

ほっとする夕暮れ。
まだ少し空気が冷たいこの季節の夕暮れが好き。

●本日の晩ごはん
ロールキャベツ
蒸しじゃが
豆サラダ

とりひき肉と豆腐とエリンギで作ったタネを春キャベツで包んで。
スープの味が決まらない・・・と思ってなにげにしょうがを入れたら、
とびっきりおいしくなりました♪
新じゃがを皮つきのままレンジで蒸しただけなのに、塩をふり忘れたのに、
じゃがだけで十分おいしかった。
素材の味にかなうものはない・・・とあらためて思った。
Img20090419132027
今年もありがと
「芝楽市」に行った。
月1回、箕面のカルフールの近くで開かれる朝市。
じゃがいものお兄さんが教えてくれて、車でピックアップして連れてってくれた。

9時過ぎに着くと、すでに近所の方たちがいっぱい。
能勢や茨木の農家さんの採れたてお野菜がキラキラ輝いていました。
今週の晩ごはんのことを考えながら、
セリとそら豆とえんどう豆とれんこんを購入。

セリは自分で料理したことがなく、一度作ってみたかった。
そら豆はポタージュのレシピが横にあったので。
今週にんじんでポタージュを作ろうと思ってたのを材料変更。
えんどう豆はもちろん豆ごはん。
れんこんは、20cmぐらいあるのが100円だったの!
スーパーでは高すぎて、大好きなのに手が出せず泣いてたので衝動買い(^^;)

平飼いの卵も欲しかったけど、冷蔵庫に卵がまだあったので今度。
いい卵が入った週だけプリンとか販売できたらいいなぁ・・・。

一通り買った後は、小さな屋台も出ていたので、
メロンパンと有機コーヒーとバナナで朝食。
クローバーの原っぱの上で、さんさんと降り注ぐ太陽の光の下で。
食べ物だけでなく、自然にも感謝したくなる。
「いただきます」「ありがとう」

畑で知り合った方も何人か来られて、農のこと食のこと色々話すこと2時間。
直射日光でボーっとしつつ楽しかった。
セリはすっかりくた~っとなってしまった。。

家に帰ってきたら、自然光の薄暗い部屋がひんやりして心地よかった。
くた~となったセリを救うべく、水に挿すが・・・
まだ元気なうちに、いただいたレシピでナムルと炒めものに。
青い匂いとシャキシャキした歯ざわりがなんともおいしかった♪
少し塩をふりすぎたら、お酒が飲みたくなって。自家製金柑酒を出してくる。

太陽の光を全身に浴びて、お酒を飲んで・・・

ふにゃぁ・・・もうあかん・・・

ZZZZZ
Img20090419132641
気持ちよかったぁ~♪
Img1b20090419132641
本葉出ました
今日はパン焼き日。
スケジュールの調整がなかなかつかなかったので、
いつもより種類の少ない「ミニセット」をご用意。
ゆったり作ることができました。

春はやっぱり「いちご」をはずせない!というわけで
いちごづくしの“いちごセット”と、
いろんなベリーを使った“ベリーベリー(very berry?)セット”
部屋中にいちごの香りがただよい幸せ~な気分で作れました。

いちごは使う種類によって色の出具合が変わってきます。
「女峰」・・・酸味が強く、中までしっかり赤くて鮮やかなので製菓でよく使われます。
最近ほとんどみかけなくなり、あきらめていましたが偶然発見!
下の写真が発酵上がりの生地です。きれいでしょう♪
こねる前にピューレにした時点でその鮮やかな赤色にテンションあがりました。
でも残念ながら、焼くと色が飛んでしまうのです。。
だかなおさら、濃い赤色のいちごを探し求めるのです。。

幸せな気分で作れたうえに、いつもより早く作業を終えることができたので、
昨日買った空豆でポタージュを作りました。
じゃがいももたまねぎもコンソメも入れず、ゆがいた空豆とミルクで。
空豆って厚いワタにくるまれて大事に守られてる。
そんなやさしさを感じる豆の味でした。
Img20090421004242
きれいな色★
空畑クラブがロハスフェスタに参加するので手伝いに。
「青空Farmer's Market」というブースで
有機農家さんがお野菜を売ったり、そのお野菜を使ったピタやバーガーが食べれたり、
農家さんのお話が聞けたり、もりだくさんの企画。

が、あいにくの天気。
あいにくどころではない。広場に着くや膝下ボトボト。ズブズブ。
スニーカーはふかふかで、足はぶよぶよ。おまけに寒い。
ここまで悪天候な屋外イベントに遭遇したことがない。
雨天決行だからか。。

あまりに寒いので「手づくりバームクーヘン」のブースで
木の枝にケーキミックスをつけては回しながら暖を取る。
ついでに焼きたても食べちゃう。ほっこほこ。

雨天決行だったけど、今日は強風のため中止。
諸々の段取りトラブルの末、自主開催ということに。。。
強風でテントが飛ばされるキケンがあるため、テントをはずしたが、
途中から雨が降り始め、雨宿りする場所もなく前日よりも濡れました。

ソラベジビギナーなのですが、お客さんに苗の植え方の説明をしたり、
ドキドキしながら、いい勉強になりました。
帰りにお野菜や甘夏をたくさんいただきました。

印象深かったのが、6年前に就農した農家さんのお話。
始めた頃は、せっかく育てた野菜に虫がつくからと、片っ端から取っていってたけれど、
ある時はたと気づいたと・・・
野菜を食べるアブラムシ、そのアブラムシを食べるてんとう虫、そのてんとう虫を食べる虫・・・
食物連鎖が循環し始めると、虫に食われる野菜はほとんどなくなった。
サバンナに住む動物たちもそうだが、みな必要な分しか獲らない。
必要以上に獲るのは人間だけ。だからバランスが崩れる。
だからあえて何もせず自然の力に任せるのだと。

語られる表情や言葉の端々から、愛情が感じられました。
私たちは、虫たちと分け合って大地の恵みをいただいているんだね。

風邪ひきそうなぐらい寒かったので、
いただいたおねぎどっさり「ネギ焼」を作った。
甘夏でビタミンCも補給して。

おねぎの根元には有機のいい土がついていたので
ちょうど空いていたプランターに植えました。
Img20090501005517
Img1b20090501005517
Img1c20090501005517
ロハスフェスタで買ったり、いただいたお野菜がたくさんあったので
新鮮なうちに食べきりたいと、友達を呼んでベジパーティー♪

新鮮なものは、あれこれ調理するより生かゆでが一番!
というわけで、サラダピザに。
ピザ生地を発酵させている間に、野菜をどんどんちぎって、
トッピングのソースを3種類作りました。
タルタルとガドガドと甘夏ドレッシング。
どれもいい感じ~♪

途中巨大ナメクジがレタスから出てきた時は、卒倒しとうになりましたが、
それだけ「きれいな野菜」だということ。おいしいということ。
私たちの分も残しておいてくれたということ。
洗って大事にいただきます。

サラダピザは厚めにしっかり焼いたので、はさむというよりのせるタイプに。
もう1種類、韓国土産でもらったコチジャンペーストがあったので、
思いつきで韓国風ピザを作った。チーズとコチジャンて合います!オススメ!

おまけでチンゲンサイのミルクスープとハーブチキン。
スープはやさしく胃にしみわたります。
チキンはちょとボリュームをつけようと。
とってもきれいなパセリの葉をタルタルに使って残った軸とローズマリーと
オリーブオイルに漬け込んでオーブンで焼くだけ。

新鮮はお野菜は色々アレンジのインスピレーションを与えてくれます。
ま、かっこよくいえば↑ですが、私の場合、思いつき行き当たりばったりデス(^^;)

友達がりんごのヨーグルトケーキを焼いてきてくれたのでデザートに。
りんごがしゃきっとして、ヨーグルトが爽やかで、満腹のおなかにも
すんなり入っていきました。

明日起きたら、青虫になってそなぐらい菜っ葉食べました。ヘルスィ~♪
Img20090501011402
Img1b20090501011402
我が家のベジィがすくすく育っています。
ラディッシュは間引くのが遅かったか、ひょろ~と伸びています。
これで下に実ができるのだろか?
ちょうど二十日たったんだけど。。。

レタスもこれまでにないぐらい元気です。
100均で買った「ぞうさんジョーロ」は穴が大きくムラがあるので、
なるべく距離をとってやさしく水やりしてみてはいるけれど、
それでも水をやったとたんべしゃげてしまいます。。

雨上がりなんかは、空気中の湿度をたっぷり吸って、
シャキっと元気に起き上がっています。
そんな1コマ1コマが生き生きとして幸せに包まれます。

昨日友達がくれたクローバーをバケツに植え替えました。
今度大きな鉢を用意するからしばらく我慢してね。
バイカウツギ(五月梅)も可憐に咲いています。

植物は元気を与えてくれます。笑顔をもたらしてくれます。
ありがと♪
Img20090503071841