映画を見た。 " into the wild "
本当はやるべき予定があったのだけれど、
今日を逃すと見れそうになかったから。
それでも仕方ないかと思う映画と、やっぱり心にひっかかる映画があって、
この映画は後者だった。

新聞のコメント中「ヒリヒリ」するという言葉があった。
本当にヒリヒリするほどに主人公の心は純粋だった。
人はみんな孤独な部分があって、折り合いをつけながら人や社会とつながっている。
「幸せは分かち合う人がいて初めて感じる・・・」

私の中にずっと、しっくりはまらない感情というか、説明できないもやもやがあった。
この映画を見て、そのはみ出してしまったものが何かわかった気がした。
そのはみ出した部分こそ「私」なのかもしれないが、
私はその「はみ出し」を愛し、受け入れることができるだろうか。
その「はみ出し」は、時に穴になってぽっかりと開いていることもある。
私はその穴を埋めることができるだろうか。

冷たい風が、心にヒリヒリとしみた。
真夜中にりんごジャムを作る
魔法使いのおばあさんみたいに。
今年もきれいな紅玉が届いた。

なんとな~くりんごをむいてて、こんぐらいかな~と思ったら、
大きな鍋いっぱいにあふれた。砂糖はどこに入れるんや??
それでも砂糖をまぶしてしばらく置くと、かさが半分に減った。
私のジャムは砂糖をまぶした果物から出てきた水分だけで炊く。

コトコト コトコト クツクツ クツクツ
この音がたまらん!
「ぃ~ひっひっひ~」

ピンク色の甘酸っぱいりんごジャムは、秋の味。
祖母が空の向こうに旅立った。
この間まで元気だったのに。
100歳近い大往生。
小さくてとってもキュートで大好きだった。

遅かれ早かれ、みんな最期を迎える。
だから「生きる」という言葉があって、
まばゆいぐらいのエネルギーを放出して
命を人生を輝かせる。

仕事を終えて駆けつけたら、張っていた気持ちが緩んでしまった。
私たちとはお別れだけど、再生の喜びでもある。
その門出を笑顔で見送ろう。

日曜日のライブは、空の向こうまで届くように歌おう。
これまでのありがとうをいっぱい歌にのせて伝えよう。

安らかに・・・おやすみなさい。
今日は庭の草抜きをしようと思ったのに、朝まだ雨が降っている。
早起きしたけど、ごはんを食べてまたごろり。

料理教室でまたまたたらふく完食したら、
全然おなかがすかず。

阪神百貨店の「ありがとう」セールをのぞいたら
迷宮に迷い込んでしまう。。。
「優勝セール」を期待してるぞ!

夜も更けてから、アップルプレザーブを作った。
作りたい量の適当なお鍋がなかったので、
少し詰め込んだら、少しムラになった。
火に近いほうは煮崩れ寸前。あぶない、あぶない。
冷凍しておいて、焼き菓子やシナモンロールに登場する日を静かに待つ。

去年より多めにりんごを注文したら、まだまだある。
次は何にしよ。

ほっとしたら小腹がすいてきた。
こんな時間に・・・と思いつつ、豆苗どっさり卵とじにゅうめんを作った。
冷えてきてたので、あんかけ風で。

今週は慌しく家でごはんを作ることがなかったので、
豆苗がぐんぐん伸び放題になってしまった。
食べる方が追いつかない。
第1弾が終わり、第2弾も成長してきているのでまだまだ豆苗の日々は続く。
爽やかな秋晴れ
「体育の日」は、happy Mondayになってもやっぱり天気がいい日なのね。
久しぶりに家に風を入れる。

窓拭き、床拭き、草抜き、布団干し、玄関もきれいに。
一度にやるとふらふら。
でも気持ちいい。

気持ちいいついでに、りんご酒も漬けてみた。
半年後が楽しみ♪

夕方、自転車で出かけたら、まん丸お月様が浮かんでた。

●本日の晩ごはん
ごはん
ポークチャップ
大根と豆苗のサラダ
小松菜と根菜のおみそ汁
Prop's Festivalまであと10日とせまってきた。
今年はいつになく何も準備ができていません。
先週やっとメニューを決めました。

いつもはパンを焼くことで精一杯で、
「お店」としての準備は全くないまま会場に行ってました。
そんなことを2年続けてやってしまって、
反省と学習で、普段からいつでもパッとイベントに出れるよう
準備をしておこうと思っていたのに、今年も駆け込みみたい。。。

それでも、気持ちに負担のかかったパンではなく、
のびのびと育ったおおらかでやさしいパンを食べていただきたいから、

焦らず、慌てず、大きく深呼吸・・・・・・

パンを作ることができる喜びをかみしめながら、
食べた方の笑顔を思い浮かべながら。