GWも終わりですね。
事務職の時は9連休とか当たり前にありましたが、
サービス業の今は、カレンダー通りでした。

1日目。実家に帰り、新しいハタケの地主さんにご挨拶。

これまでの長尾のハタケは、
今年度は日程調整が難しそうなので更新せず。
でも春の訪れとともに土への想いは募るばかり…
30年ぶりに再会した中学の同級生が、
ご両親が借りている畑を引き継がないかと声をかけてくれて、
実家からも近いしと決断。
長尾のハタケの3倍ほどの広さ。
一人ではもちろん無理。
「ハタケやってみたい」という声がちらほら聞こえるので、
「ハタケ部」を立ち上げようと思います。
みんなでつくる「みんな」のハタケ。

地主さんへのご挨拶を済ませた後、
友人のお父さまから
耕運機や汲み上げポンプの使い方レクチャー。
これまで鍬とレーキしか使ったことないので、
機械の馬力にビビりまくり(><;)

シロウト同然なので、最初から欲張らず、
まずは大豆から始める予定。
6月に畝立てと種まきして、秋に収穫。
ゆる~く、楽しく、マイペースで♪
お味噌まで作れたらなぁ。

というわけで、ハタケ部員ゆる募。
Img_f864e656cbf55f518b76e8dd79d2892a
新しいハタケ(2月)
2日目。高槻ジャズストリート。

今年で19回目となる町を挙げての音楽イベント。
私は第2回にゴスペルクワイアで出演して以来。
年々規模が大きくなり、音源審査や抽選などもあり、
出演することが、ある種のステイタスになっていたりする。

プロからアマチュアまで、
ストリートからお店、バスの中でも!
ライブが繰り広げられる2日間。

去年の夏から参加しているバンドTurkeysでの出演。
ホテルの中の小さなジャズバーで、ロック&ポップス。
普段は18席ほどの所に30席ほど設けてあるので、
かなりスクイーズな状態。

最前列のお客様までの距離30cmくらい!?かぶりつき。
男前ならチューできる♪とか、メンバーと冗談言ってましたが(^^;)
真正面のご婦人はシンバルとタンバリンが顔面に迫って…
それでもリズムとってくださってました♪

道端で知り合いに会ったり、ステージに知り合いが立っていたり、
FBのいろんな方の投稿で、
あらあなたも出ていたの、来ていたの、同じライブ聴いていたの…
No music, No lifeなひとたちが高槻に集まってたのね。
うん、やっぱり音楽っていいな♪

久しぶりに外で飲むビールがうまかったぁ(^^)
お越しくださいました皆さま、ありがとうございます。

3日目。引きこもり。
完全オフの日は、一歩も外に出ず(^^;)
パンを焼いたり、裏庭の草抜きしたり、
床に散在している書類を片付けてたら、
あっという間に日が暮れた。

さ、5月後半はイベント盛りだくさん。
また仕込み、仕込み、仕込みの日々デス。
がんばるどー!楽しみ♪
Img_d1f9e09a2652e8a98f1e1d9a02d692ad
Turkeys
Img_638e7bbd28d982de396e08ea642227d8
squeeze...
パンコーディネーターのお塩の勉強会。
パンだけでなく、マクロビオティックでもお塩は大切。

ソルトソムリエさんによる塩講座の後、
横浜・元町のブラフベーカリー栄徳シェフのパン講習。

塩の違いによるバゲットの食べ比べや、
塩を入れるタイミングによる食べ比べ。
フランスの岩塩より、瀬戸内海の藻塩の方がおいしく感じたのは、
やはり日本人だからか?

塩というとリーンなパンをイメージしてしまうが、
リッチなパンだからこその塩の扱いが興味深かった。
「おぜんざいと塩昆布の関係」みたいな?

お昼は、塩を活かしたペアリングのサンドとスープ。
小麦がおなかのなかでポンポンに膨らんで苦しい。。

先週腰をひねってから、
小麦と砂糖を控えようとしているんだけど…(・・;)
座学みっちり7時間で、腰キツイ。
さぁ、しっかり玄米噛み噛み
Img_b4fdcaee3fd7bc72acdd7f08bb81105b
塩食べ比べ
Img_6d9b1545f22f6467b0d5f14c294a1ed5
塩違いのバゲット
Img_b38c9283fa0befee94335176eba1e43d
塩とのペアリングランチ
昨夜参加した「うめらく未来ミッション」にて。

”百姓”とは、百の職業。たくさんの能力がないとできない仕事。
昔の農民は、農作業だけでなく、わらじを編んだり、大工をしたり、
いろんな仕事をして暮らしていた。
収入源がひとつより、たくさんあった方が倒れずに生き延びられる。

私がハタケに興味を持ち、通い始めた8年ほど前、
「唄うパン屋」という肩書をつけてくださった家具職人さんに
「つつみさん、百姓したらええねん」と言われた。

「体力ないわぁ」と笑ってたけど、昨日の話でふと思い出した。

「百姓、ええなぁ」と指折り数える(単純^^;)
ごはん屋、お惣菜屋、レジ打ち、パン焼き、事務屋、
介護ヘルパーもちょこっと、時々ハタケ…
まだ7つかぁ。

自分ですべて完璧にやろうとせず、
自分にないスキルを誰かに頼る、甘えるのも
「つながる」スキルかなぁと思ったりしたのでした。

注:うめらく=うめきた楽市楽座
  ”梅田の北”から住民主体のまちづくりを目指そうとアクションを起こしたチーム。
今日はデビューカフェ
”~私が私であるために~「性同一性障害」を伝えたい ”
にて、ランチ懇親会のお食事を担当させていただきました。

講師の萩野さん、最初お会いした時はとても繊細な方だなと
印象を受けましたが、講演を拝聴し、
手術や偏見といった肉体的・精神的苦痛を乗り越えてこられた
その芯の強さに胸を打たれました。

世間の人たちに知ってもらうため
自身の体験を人前で話した今日が「デビュー」。
同じ悩みを抱える人たちの希望になってほしいです。
そしてその大切な第一歩に、お料理という形で立ち会えたこと
大変嬉しく思います。

<献立>
・たけのこごはん 桜の花
・お野菜の重ね煮のお味噌汁
・揚げ里芋(親芋)と厚揚げのみぞれあん 菜の花
・切干大根と高野豆腐の煮物
・わけぎと車麩のぬた

「春」「門出」をイメージしました。

たけのこごはんと切干大根は、
映画「彼らが本気で編むときは」の中に出てくる鍵となるお料理。
親芋は、会場となった谷町空庭のご縁から「やさいの里」さんの
りっぱなお芋を使わせていただきました。

たくさんのご縁、めぐり合わせに感謝です。

デビューカフェ終了後、
会場となった谷町空庭の屋上で、
ちょうどハタケ部活動されてたので飛び入り参加(^^)
カフェで余った揚げ里芋と米粉ボールと番茶を差し入れ。

久々の土の匂いがかぐわしい。
Beforeの姿はわかりませんが
(デビューカフェ主催者は”カオスや”と言って降りてきた^^;)
女子6人で畝立て4本。苗を植えてポットに種まき。

わぁもっと耕したくなってきた。むずむず。
Img_5afaa0b576846bc6d54b5fadb5b93d9b
debut cafe
Img_ad8207fec3e3a45e9deac250666f02e5
屋上お茶タイム
Img_ffd2a7475e2413c19185b3d350a1e7df
土が呼んでる…
25日の「パンと珈琲vol.5」、
27日の「パンとスープと音楽と vol.1」
無事終えることができました。
お越しくださいました皆さまありがとうございました。

「パンと珈琲」
小さなアトリエにいろんなパン屋さんの
いろんなパンがずらりと並び、
挽きたて、淹れたての珈琲の香りが漂い
ゆるやかな時間が流れていました。

ひだまりパンの目玉は、
「いちごパン」
いちごの果汁でこねたパンなのですが、
今回はUmekikiマルシェで出会った
寺田農園さんの「古都華」を使いました。贅沢♪
道の駅で売れてしまって、なかなか出回らない高級いちご。
私を呼んでたのでつい(^^;)

他にも、
よもぎ生地にドライチェリーやカシューを包んだ「萌」
豆乳ヨーグルトでこねた「ブルーベリーヨーグルト」など
久しぶりに作ったパンもあれこれ。

白神こだま酵母のくせのない甘みを活かして、
マニアックに色々遊んでみました(^^)

そんな春のうきうきパンたち。
おかげさまで完売致しました。
Img_996e7c067bdb574e465852cc7830c53b
古都華
Img_1b870d7a11d52a4b7a411ea1a2142938
春のうきうきパン
「パンとスープと音楽と」
休む間もなく、翌日にはその次の日の
ランチの仕込みと、夜のライブでお出しする
パンとスープの仕込み。
朝早く目覚めたものの、体が動かずスロースタート。

そんな時は、To Doを書き出して、どんどん消し込んでいく。
そしたらゆっくりながら意外とさくさく進んで、
無事仮眠の時間も取れました。
少しでも横になって体を休めないと、声が出ないからね。

パン4種類と、炒り玄米と8種類のお野菜の重ね煮スープ。
白いぷくぷくがかわいい押し麦にしようと思ったのだけれど、
お客様の中に、療養中の方がいらしたので、炒り玄米に。

27日は私の誕生日。
ひとりでも多くの方にひだまりのお食事やパンを
楽しんでいただきたい、
誕生日は、お祝いしてもらうのではなく、
日頃の感謝をお伝えしていく日にしよう…と
ふと思いついた欲張りな企画でしたが、
私ひとりでは形にすることはできませんでした。

年度末でお忙しい中、足を運んでくださったお客様。
急なお願いにも関わらず演奏を快諾してくださったお二人。
仕事を半日休んで搬入を手伝ってくれた友人。
お料理を運んだり、盛り付けも手伝ってくれた。
去年ライブでお世話になった方が偶然お店にいらして、
機材音痴の私にアンプを貸してくださったり…

本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
皆さまのご厚意に甘えっぱなしで、
お世話になるばかりで、
私はいつになったら、
どうやったらお返しができるのでしょうか。

これからも体が喜ぶお料理、
心に響く歌をお届けしたいと思います。
それが私にできる精一杯。

いつも笑顔で、そっと心に寄りそう
「ひだまり」として。
Img_a0dc665b156c86bcf1c284b479283fa7
パンとスープと…
Img_07f31281c2310d7afc768a28ad102f6f
音楽と
早いものでもう3月も真ん中。。
ものすごいスピードで毎日が過ぎてゆきます。

今日は3月のパンセットを無事送り出せました。
春の訪れに浮かれて?心もほどけて?
軽めで甘めなメニューになりました。

今月はあと2回パン焼き。
「パンと珈琲」「パンとスープと音楽と」
会場も近所、日にちも1日あけただけ。
パンのメニューも異なります。

今月はいろんなひだまりパンが登場!
盛りだくさんな内容で
さすがの私もキャパオーバー気味。。
でもここまできたら、やるしかないのだ!

おとといの「みんなのお台所*ひだまり」は、
2組の団体様からご予約いただき満席となったため、
貸切営業とさせていただきました。

夕方、団体様が帰られたのと入れ替えに
オランダ人の男性2名がランチに来られました。
happycowという、ベジタリアンの外国人向け
飲食店紹介サイトを見てくださったとのこと。初!

普段の職場に来られるお客様が
このサイトのアンバサダーをされていて、
掲載してくださったのでした。

いろんなご縁がゆっくりとつながりつつある。
本当に感謝です。

貸切にしていたからお断りしようとも思ったけれど、
ちょうど2名様分ご用意できそうだったので、
少しお待ちいただいて、和食の一汁三菜を召し上がって
いただきました。

車麩、ひじき、高野豆腐…
外国の方には不思議な食材ばかりだっただろうなぁ。
それでもおいしいと言ってくださり、
早速レビューも投稿してくださいました♪

カフェを閉めた後は、ライブのリハへ。
ほぼ丸1日起きていたので、半分寝かけていたけれど、
いらん力が抜けて、いい感じで声が出てた。

音楽もお料理も、コトバを超えると信じています。
そう感じられたことがうれしくて。

なんとか「今」を乗り切れそうな気が…した。
仙台に住む親友の誕生日に
イラストレーターの神吉奈桜さんの絵をプレゼント。

奈桜さんのこの作品を初めて見た時、
彼女の顔が真っ先に浮かんだ。
私たちのエピソードから、
奈桜さんがインスピレーションで描いてくださった。

去年の9月のライブの時、
彼女から届いたブローチとターバンを
奈桜さんがヘアメイクでコーディネイトしてくれた。
まだ会っていないけれど、
アートの道を進む2人の心の交流。

絵は2枚1組。1枚は彼女に、1枚は私が。

私がしんどかった時、いつも背中を押してくれた。
今彼女は自分と向き合おうともがいてる。
今度は私が彼女の背中を押す番。

つながってるからね。

神様は、乗り越えられない試練は与えないという。
彼女は今乗り越えた。
そして次の扉を開く機会を手にした。
試練を乗り越えた者には、ちゃんとギフトが用意されてる。

そして、苦しかった時間も
振り返った時、かけがえのない大切な宝物になっている
そう思う。

彼女から、パワーもらったよと連絡が。
彼女に話す言葉はすべて私に返ってくる。
パワーほしかったのは私の方かも。

いつもいっぱいありがとう。
Img_45b567bbc742d4ef50ae4a976b1d1098
ペア
Img_925c07c45008fa304ff07e346634ff59
to dear, for me