かっこいい。
闘ってきた人の鋭い眼差し。
その奥は愛にあふれている。

2015年、2016年と体験農園でお世話になった
農園 杉·五兵衛ののじま園主。
オーガニックナーレに登壇されるというので、
お話を聞きに言ってきました。

「植物は動かない。ぎゅうっと細胞を絞って、
水分を外に出して寒さを乗り切る。
動物はそれを食べることでエアコンなしでも生きられる」

「種には自分で育つ力がある。
育ちやすいようサポートするだけ。
"育てる"んじゃない」

「オーガニックな野菜は輸入できる。
だが、水、空気、景観、生物多様性…
その土地固有の風土や農耕文化は輸入できない」

ゆっくりと語られる言葉はシンプルだけど、深い。
マクロビオティックの考えと通じる。

畑で育つ野菜たちが、
私にマクロビオティックの「宇宙の秩序」を、
「生き方」を教えてくれた。

講演後ご挨拶に行ったら、覚えてくださってて嬉しかった。
私のハタケの吹っ飛んだ小屋の写真を見てもらい、
アドバイスもらっちゃった。

「そんなん簡単やぁ」言われたら、
ちょちょいと出来そうなきがしてきた(^^)

私の根っこがしっかり土をつかんだ、気がした。
Img_f50e5da2a0fe825eb844c074a81a7860
今日は実家。あったかくていい天気。
ハタケでは上着もいらないくらい。

春からのハタケ部にむけて、
今植わってるお野菜を全部収穫。
針にんじんいっぱい♪
小松菜は誰かに先を越されて、
食べるとこあんまりなさそ…

小松菜の根っこ見たことありますか?
葉っぱはこんなに小さくても、
こんな立派な根っこが♪

根っこがあるから芽が育つ。
見えない所でしっかり支えてくれている。

私という小さな小さな種も、
少しずつ根を張り、ゆっくりと時を待ち、
そろそろ土の中から顔を出そうかと、
もぞもぞ動き始めた小春日和。

風の音、水の音、鳥の声だけの静かな時間。
私の根っこ。

今夜の春一番が通り過ぎたら…


【お知らせ】
4月から、ひだまりのお昼ごはんが
火曜日と水曜日もお召し上がりいただけることに
なりました。

中崎天五商店街ヨコの菜食バル「あじゅ」さんにて、
火曜日と水曜日のランチを担当させていただきます。

それに先立ち、3月13日(火)に、
「みんなのお台所*ひだまり@あじゅ」として
プレオープン致します。ぜひ足をお運びくださいませ。

皆さまの笑顔の輪が広がりますように。
まちの「みんなのお台所」になりますように♪
Img_39eaf7f22703b4721d19408c16147968
大根と針にんじん
Img_048d469da93d0c95ba3ca08a014b0a54
小松菜
Img_ab857d33f3444dae18ab8b02a964d082
根っこ
あぁ、またやってしまいました、腰。

昨日仕事中に、レジで袋に商品を入れて、
お客様にお渡ししようと顔を上げた瞬間、
電気が走りました。
全然かがんだりしていないのに…
年明けからの食生活に覚えアリ。
先週からなんとなく予兆もあったのに放置してた。

いつも持ち歩いてるコルセットを巻いて、
そろりそろりと帰宅。
おなかぺこぺこだったので、
非常時用の玄米クリームを食べて、
「里芋湿布」して寝る。

3度目ともなると慣れたもんだわ。
里芋が冷たくて寒いので、
おなかに「こんにゃく湿布」のせてみる。
あまりの気持ちよさに痛みも忘れて寝落ち。

朝はごはんがわりに、梅醤入り葛湯。
今日から数日は玄米オンリー生活。
ヘルニア予備軍と以前診断された所だったので、
念のため病院に行ったけどだいじょぶ。
ロキソニンと湿布を処方されたけど、薬局には寄らず。

太極拳の先生に教えてもらった「すりこぎ整体棒」
ちょうど作ったところなので、
太もも裏をはさんでほぐしたり、転がしたり。
痛気持ちいい~

職場で痛めたけど、
職場でお手当て用品調達できるって有り難い。
それもあと1か月ちょいだけどね~

自分の体でお手当てと食養生の実践、実験?
「難有り、有り難し」です。

さあ、
レッツ「噛み噛み」♪
レッツ「コロコロ」♪
明日どうなってるか楽しみ♪
Img_8c8e3466247c6e358524ce43f36fe818
必須アイテム♪
Img_95718262335f841c090bbde18f5d2ff9
すりこぎ整体棒、すぐれもの♪
先日の日曜日は、
「ひだまり on Sunday」と題して
カフェをオープンしました。

知人主催のイベントで、
ランチを担当させていただく予定でしたが、
諸事情により中止となったため急きょ。
こちらのHPでのお知らせができずで
失礼致しました。

朝、お店で仕込みを始めようと
水道をひねったけど、み、水が出ないっ!
トイレは流れる…

ちょうどビルのオーナーさんがいらして、
「断水時用のポリタンク貸したるわ」と
裏口も開けて水道で水をくませてくれました。

と同じタイミングで、
「水道栓が閉まってませんか」と
お店のオーナーからも連絡が。
はい、閉まってました。
というわけで、残り1時間…
深呼吸。

facebookなどで、開店遅れるかも…と
告知したけれど、無事定時にオープンできました。

オープンと同時にお客様がいらしてくれたり、
団体様がご利用くださったり、
中崎町散策のカメラを携えた方、
平日になかなか来れない友人知人も次々とご来店。

てんやわんやのてんてこまい(汗)
「だいぶお待たせしますが…」とお伝えしても
皆さま気長にお待ちくださり、失礼致しました。
ありがとうございました。

いつもの一汁三菜とは少し変えて、
パンとスープのプレートランチや
どんぶりメニューなどもご用意。

おかげ様で、お鍋もお釜も空っぽになりました。

色々トライアル、サバイバルな1日。
だけど、なんだか心地よくて。

また機会があれば、
「on Sunday」やりたいな♪

<Today's menu>
♪ひだまりランチ
・パン2種(くるみ・ごま)又は玄米ごはん
・炒り玄米と野菜の重ね煮スープ
・えんどう豆入りコロッケ
・人参と切干大根のラぺ
・れんこんのきんぴら

♪車麩の照り焼き丼

玄米ごはんが売り切れたので、
コロッケも売り切れたので、
最後のお客様には、
どんぶり用の車麩を照り焼きにして
プレートでお出ししました。
Img_efbb6323306dfa27795fc64397fb2d57
ひだまり into ひだまり
Img_e39d3d8f16493dab348b9b0868d59d9b
ひだまりランチ・コロッケ
Img_bc0e7e75872cb1399b232afe0eaf8fc1
ひだまりランチ・照り焼き
今日は節分。
季節の変わり目。

先日の満月、
「スーパーブルーブラッドムーン」とスゴイ名前ついてた。
しし座満月の皆既月食。
「転換」の時らしい。

この日、ある決断をしました。

今まで色々学んだこと、大切な時間、貴重な経験。
それらを糧に次に進んでいいって、
自分にGoを出しました。

やらずに後悔するより、やって失敗する方が学びは多い。
自分の中の声に従いました。

不安がないわけないけれど、
守りから入らなかった新たな自分に、
タイミングよく巡ってきたチャンスに
ドキドキしています。

「頑張った、あたし」と
初めて自分に向かって言えました。
肩の力がすっと抜けました。

欠けていく赤い月を眺めながら、
月が隠れて、再び顔を見せた時、
新しい私に生まれ変わってる…
そんなことを思い、

何か見えない力に導かれているような
この流れに身をゆだねてみようと、
月に誓ったのでした。

翌朝、まどろみながら、
なんだか満たされた思いで、
じんわりと胸がいっぱいになりました。

明日は立春。
春、あたらしい季節の始まり。
あたらしい私の始まり。

外は寒風冷たくても、
木々たちは、春に向けて芽吹く準備を始めてる。
少しずつ、ふぅくらと。
日曜日の「太極拳と体にやさしいごはん·冬」
幅広い年齢層の方がご参加くださいました。
ありがとうございました。

腰痛や冷え症など、
ご自身の気になることと向き合いつつ、
みんな一緒に体を動かし、食卓を囲むことで、
和やかな会になりました。

今回は半分に分かれて、
どんな動きをしているか確認するという試みも。

お食事は、小豆や大根をたっぷり使って、
肝腎を整える献立に。
小豆かぼちゃが好評でした。

私たちの体は、私たちが食べたもので作られています。
オーガニックがいいに越したことはないけれど、
何を食べても出せる、
ため込まない体を作ることが大切だと思うのです。

この寒波を乗り越えたら、春です♪
日々の暮らしに少しずつ。
自分と向き合う時間を。

<体にやさしいごはん・献立>
小豆玄米ごはん
沢庵、生姜昆布の佃煮
お味噌汁
ひじき入り豆腐ハンバーグ・みぞれあん
 野菜の水無し炊き添え
切干大根と高野豆腐の煮物
青菜と蓮根の梅和え
小豆かぼちゃ

デザートは、
鳴門金時とりんごの茶巾・シナモン風味
Img_04e4ede3516573d525505bd6118f625f
Img_696998860f3e41db48283fbb8af99cb2
Img_befd89ab8e41f21c938191e8fe1d7be6
仕事初めからずっと、休みなく毎日残業。
だけど、
今日は仕事を早めに切り上げて、ZOOさんの展示会へ。

会場はご実家。阪神大震災の復興住宅。
折しも明日の朝で震災から23年。
昨年お母さまが亡くなられて、誰も住まなくなった家。

家具職人、永田さんの手から生み出される無垢の家具は
やさしくてあったかい。
椅子に座ると心地よすぎてずっと座っていたい(^^)

グループ展に「パン出さへん?」と
声をかけてくださったのが、
ひだまりパンのはじまり。

そして「唄うパン屋」という肩書きをつけてくださった。
どっちかではなく、どっちもあっていい、
どっちもあって「私」なんだと気づかせてくださった。

ハードワークの合間、
居心地のいい空間、
木とともに呼吸する時間にしばし浸る。

家は取り壊されるそう…
ステキすぎて、もったいない、できることなら住みたい
と、思うけど、
時間や空間はとどまることなく、
常に移り変わっていくものね。
思い出は心にいっぱい詰まってるものね。

私も…そろそろ次の扉を開けよかな。
Img_eeb3e73ab1f5480d715e4568faa1b2e3
円い窓とケヤキとポスト
Img_1c435421ee8e00f87587657a9160f968
キッズテーブルといす
Img_aa09b7cf7663e36136e7f34560e80851
もとタバコ屋のリビング