昨日はじっくり腰を据えて通読会。
図書は「ゼン・マクロビオティック」。

マクロビオティックのお料理を作る上で、
不可欠な理論の部分を自分の中に落とし込もうと。
読み返すたび、深みが増す本。

理論と実践。どちらか片方ではなく、双方あって獲得し得る。
そしてそれは、私たちの日々の暮らしの中にある。

声に出して読み進めながら、気になった言葉について話し合う。
ひとつの言葉でも、人により、捉え方や視点が違い面白い。
「出すこと」で、自分に返ってくる。

途中、ティータイムをはさみながら4時間。
進んだのは最初の20ページほど。
濃密な、でも楽しい分かち合いの時間。
明日への心の糧を得て、清々しい気持ちに♪

心が満たされた後は、友人とアップルパイを分かち合い。
今日の学びを、日々の暮らしに持ち帰ろうとカンパイ♪
心と体、"魂"が満たされた1日。

本日のキーワード「遊ばざるもの、食うべからず」
ええ言葉やぁ。

学びは積み重ねだけれど、本は積み重ねてるだけではいかんね(・・;)
Img_418e45276e809694bc55dfc83002bd4e
通読会、深い…
Img_0ccc5834a99f5a5f515aab8b7070fdfe
分かち合い
********
私の名前、漢字で書くと「美佳子」。
親友から
「つつは、育てて作って歌って…
つつの名前を見ると”佳” 
人と土があるなぁって思ってたの。
人と土に触れる人生なのかな」と。

意識したことなかったので、ちょとうれしかった♪

そんな親友も、
布でアクセサリーやバッグ、アート作品を作ってる。
「布を自由に扱う」という意味にとれる名前。

お互い、進む方向、名前が指してくれてたね。
お互いの呼び名は、下の名前ではなく、苗字から来てるから
今まで気づかなかったのかな(^^) 
でも気づいてしまった、今。

自然に、人の手が加わることで「暮らし」が生まれる。
「足るを知る」
ちょうど通読会に出てきた。つながってる。
自然と寄り添っていたい。
********
昨秋知り合った方が、
旦那様の転勤で急遽東京に帰ることになったと、
カフェまで会いに来てくださった。

私の作る料理が「ほっとする」と言ってくださり、
嬉しかったぁ。一歩一歩こつこつと。

最近「顔色が明るくなった」とよく言われる。
何かいいこと…思い当たることないんだけどぉ。。

みんなに「元気になってほしい」と願って
ごはんやパンを作る私が元気でないと、
そのお料理やパンに説得力ないよね~と思う。

皆さんからいただく言葉の数々。
あたたかい言葉も、厳しい言葉も
今の私に必要と思えば、有難く、
大切に、噛みしめる。
そして、ココロの栄養になる。
Img_2efa1a2ae8bf9fbe91d0220554dbf221